WENDL & LUNG

音楽の都 ウィーンの伝統
Wendl&Lung社は、オーストリアウィーンで1910年よりピアノを作り続ける伝統あるメーカーです。その技術と工法は、現在も4代目で設計者であるPeter Veletzky氏に守り続けられています。いま、グローバルスケールでの生産が実現し、世界の多くの人々に愛されています。
ウィーン国立大学にて行われた2005年ニューイヤーコンサートで世界中の観衆を魅了したピアノがWENDL&LUNG社のグランドピアノでした。
AU-118M
アップライトピアノ
コンパクトな木目やホワイトの外装でお洒落な猫脚デザイン。
 
グランドピアノ
コンパクトな木目のお洒落なグランドピアノや
本格派のグランドピアノまで
 

ウェンドル&ラングの歴史


※wendl&lung社のピアノは、フランスのピアノ格付け会社LES MAITRES DU PIANOにより、
非常に優れたピアノとして高い格付けをされております。